京都府 亀岡彼岸花の里

京都府亀岡市にある穴王子天台宗の寺院で、創建は705年 慶雲2年、文武天皇の勅願により大伴古麿によって建立されたと伝えられています。札所本尊は、聖観世音菩薩 西国三十三所 第21番札所です(あなおうじ 穴王子)本堂にの右奥には鎌倉時代の作で布団を掛けて寝ている釈迦如来涅槃像が有名で、自分の体の悪いところと同じ部位をなでると病気平癒のご利益があるといわれています。

本堂裏には、樹齢約400年ともいわれる銀杏も亀岡の名木の一つに選定されているそうです。


あぜ道に、灯篭二基が鎮座しています。

稲わら干し刈り取った稲を、藁で括り田んぼで写真のように天日干しするようです。

地方によっては、刈り取った稲穂の干し方に違いがあるそうです。


あぜ道に沿って咲く彼岸花

彼岸花の群生地として、昔から知られ、9月中旬から下旬ごろになると、畦道に沿って赤く染まる光景は、見事で多くの人で賑わいます。

詳しくは、JR亀岡駅観光案内所 TEL:0771-22-0691

【穴太寺付近】京都府亀岡市曽我部町穴太

【車塚古墳付近】京都府亀岡市千歳町千歳車塚


M.Aフォトギャラリー

M.A フォトギャラリー Photograph Artist マーク Ohara

0コメント

  • 1000 / 1000