京都、宇治田原 お茶の里 古老柿の里

古老柿の里 お茶のさと 京都宇治田原町

11月に入ると、宇治田原では、干し柿作りがはじまり柿屋というやぐらを作ります

こちらでは、古老柿といい使用される品種は、小ぶりの鶴の子という渋柿を使用

丁寧に、皮をむいた柿を写真のように並べて、15日~  20日程乾燥します

毎日夕方には、むしろやシートを被せます


乾いてきた渋柿を柿屋から下ろしむしろに,広げます。写真のように柿を躍らせるとやわらかくなるそうです 最近はおもに回転する機械で回しています。



柿をおどらせたあと写真のようにに並べて天日干しです。

全国てきに、よく目にするのが、吊るし柿が有名ですが、ここでは、

写真のように、櫓を組んで乾かします。

全国でもここだけの珍しい柿屋風景です

出荷は、その年にもよりますが、12月~1月末頃で殆んど完売になるそうです。

興味のある方は、宇治田原古老柿で検索して見て下さい

私も撮影後に、お願いして直接購入させていただき、美味しくいただきました。


M.A フォトギャラリー

Photograph  Artist スナップ ネイチャー 風景 写真と幅広く撮影しています。